特性を知ってから利用する|お金に困った……。低金利の銀行系カードローンを利用しよう!

特性を知ってから利用する

スーツの女性

カードローンを提供している金融業者には、銀行と消費者金融があります。両社で適用されている法律が異なるので、一見すると同じカードローンに思われがちですが、違いを理解した上で契約することが大切です。 銀行カードローンは、低金利で貸付を受けられますが、審査結果が出てから実際の貸付金利が決定される特徴があります。個人の与信力によって、貸付金利が大きく異なることがあるわけです。 一方、貸金業法に基づく貸付を行なう消費者金融のカードローンは、総量規制の範囲内であれば柔軟な審査結果が期待出来ます。個人信用情報機関へ登録されている内容を自ら確認した上で、年収の1/3以内の貸付に限定して借入を行なう場合に適しています。

カードローンの申し込みを行なう際には、異なる個人信用情報機関を審査に使う銀行と消費者金融を同時に申し込む方法があります。個人信用情報機関同士は相互に情報提供を行っているものの、リアルタイム反映とはならないので同時申し込みを行なっても互いに影響することは少ないでしょう。 しかし、銀行カードローンの実質的な審査を行なうのは、保証会社として指定されている信販会社や消費者金融ですから、事前にどの会社が保証会社として入っているのか確認しておく必要があります。銀行と消費者金融双方同じ金融業者が審査を行なうことになると、両方共審査落ちしてしまう懸念が考えられるからです。カードローンの申し込みは、1社ずつ期間を開けて行なうことが理想です。