知って得するカードローン|お金に困った……。低金利の銀行系カードローンを利用しよう!

知って得するカードローン

考える男性

カードローンのスキームの中には、おまとめローン形式の契約を結べる金融機関もあります。これは、複数の会社と結んでいるカードローンを1本化するローン契約で、まとめる事によって支払いの猶予期間が延びたり、金利負担が軽減される可能性もあります。各金融機関毎に個性的なローン契約となっているので、計算シミュレーションなども事前に可能です。また、金利面についても、対象の金融機関を給与振込口座に指定していたり、公共料金の引落とし口座に指定していたりすると、金利の優遇を受けられる可能性があります。他にも、インターネットの普及などで、わざわざ店舗に出向かずとも、Web上でカードローン契約の締結ができるなど、手続きが大変便利になっており、尚且つ最短で即日融資可能な金融機関も出てきています。

但し、カードローンというだけあって、各金融機関所定の審査を通る必要があります。安定した収入があるのは勿論の事、カード会社が締結している保証会社の保証が受けられる方が対象となります。但し、安定した収入といっても、必ずしも正社員として勤めている必要があるとは限らず、最近ではパートやアルバイトの方でもカードローン契約締結が可能な金融機関もあります。また、契約時、返済時の年齢制限がある点は注意が必要です。金利については固定金利と変動金利があり、審査により決定される場合があります。変動金利で契約した場合は、金融情勢の急激な変動により変わってくる可能性があり、思わぬ金利負担になりかねないので、注意が必要です。勿論、遅延損害金のペナルティーはありますので、避けたい処です。