元金返済額を重視する|お金に困った……。低金利の銀行系カードローンを利用しよう!

元金返済額を重視する

大金を持っている男性

消費者金融が中心となって貸付が行われていたカードローンは、出資法と利息制限法による二重の上限金利が設定されていて、審査が柔軟な代わりに金利は高めでした。改正貸金業法が完全施行された時に、利息制限法も改正されて上限金利が引き下げられたことは、同時に総量規制が導入されて消費者金融による貸付制限が行われる結果をもたらしました。 消費者金融によるカードローン貸付残高が減り続ける中で、逆に積極的な貸付が行われるようになったのが、銀行カードローンです。銀行法による貸付は、貸金業法とは異なる法律に基づき行われるので、総量規制対象外となります。銀行カードローンならば、独自審査により与信力が十分と判定されれば、年収の1/3以上の貸付も可能です。

複数の金融業者から借入がある場合、利息制限法に基づく上限金利が高いまま借入を行っている可能性があります。上限金利は貸付残高に応じて段階的に引き下げられているので、1社にまとめてしまった方が低金利で借入可能です。おまとめローンが頻繁に利用されるようになったキッカケは、上限金利の差を利用した借り換えが可能となっていることが考えられます。 しかし、貸金業法に基づくおまとめローンは、完全な借り換えとなるので追加借入が出来るカードローンのメリットを失うことになりかねません。銀行カードローンを利用して、大きな利用可能枠を確保出来れば、追加借入の余地を残しつつ低金利なカードローンへの借り換えが出来るものとして期待されています。